健康管理と予防医学

日本は医療の発展などにより世界でも有数の長寿国となりました。
しかし高齢者の医療の問題や成人病、生活習慣病への予防対策、痴ほう症や寝たきり老人のケアの問題など、現実は厳しく現状追いついて行っていないのが現状です。
これからの日本、「いかに健康体を維持し生活してゆくか」が課題となっています。
それには「病気にならない!」が一番となりますが、歳を取れば否が応でもどこかしらが疲れ、悪くなってきます。永年親しんできた自分の体、良きにつけ悪しきにつけ無理をさせてきたこともあり、仕方がないといえばそうですがそれでは済まない時代がやって来ているのです。
病気の発症に関する保険衛生や食品衛生の問題、環境保全や化学物質の毒性の研究など、生活全般に関わる知識を会得し治療のみにとらわれることなく、さらにすすんだ予防医学の見解から地域医療やセルフメディケーションにいたるまでを幅広くケアできる医歯薬の人間が、これからは必要とされています。
この中でも「セルフメディケーション」、すなわち自分の健康は自分で責任を持ち、軽い不調ならば自分で手当をすることと、世界保健機関WHOでも提唱しています。その効果は、毎日の健康管理の習慣が身につく。医療や薬の知識が身につく。病気やケガにより医療機関を利用する手間と時間が省ける。通院が減り国民医療費の増加が防げるなどがあります。
将来の老人社会に向けて「健康で元気なお年寄り」が一番です。それには今から健康に過ごす努力が必要であり、病気にならないことが大事です。それにはまず自分の健康管理です。
それに加え予防医学に精通した人材が必要であり健康管理学、運動生理学、精神と健康などを会得し、食品の安全性や環境問題など身近な問題にも取り組んでいく専門家の育成が望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です