変容する医療

少子高齢化社会が進む中、医療分野では在宅医療、看護が注目を浴びています。
これは、病院に行き診察をしなければならない高齢者や障がい者が病院に出向かなくてもいいように、逆に医師や看護師が患者の自宅に向かって診療するというものです。
こうすることにより、医師や看護師は患者が普段どのような環境で生活しているかを見ることができます。
それにより病気の原因などが解明される可能性も上がり、日頃気をつけたほうがいいことなども注意しやすくなるのです。
例えば、腰痛で苦しむ患者がいればその患者が使っているふとんやベッドなどを見ることで、腰痛を助長しているかどうかなどがわかります。
ですので、もっと軽いふとんにしたほうがいいなどとアドバイスが出来るのです。
また歯科学の分野でも、高齢者の健康を保つための取り組みがあります。
高齢者の食生活や普段の生活を考え、口腔内の健康を保つための研究や指導が行われているのです。
このように、社会の高齢化が進んでいることで、高齢者が多く関わることになる医歯薬の分野は変貌を遂げつつあります。
もちろん世代を問わず医療は必要なものですが、高齢者のために変容していくことは、これからの社会が発展して行く上で必要なことではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です